COOKING RECIPES

魚料理3種!マグロのタルタル、アクアパッツァ等

MENU


マグロのタルタル tartare di tonno イワシマリネのフリット sardine fritte al beccafico 旬の魚のアクアパッツァ、〆のパスタ aqua pazza e pasta マチェドニア(フルーツサラダ) macedonia


Tartare di tonno (マグロのタルタル)


材料

  • 刺身用マグロ - 600g

  • マスタード - 大匙1

  • アンチョビ - 4枚 みじん切り

  • コニャック - 小さじ2

  • 鷹の爪 - 小さじ1/2

  • EVオリーブオイル - 1/2カップ(内アンチョビオイル少々)

  • レモン汁 - 小さじ2

  • ケッパー - 大匙1 みじん切り

  • イタリアンパセリ - 大匙1みじん切り

  • 赤玉ねぎ - 1/4個みじん切り

  • 塩コショウ - 適量

作り方

  1. マスタード、アンチョビ、コニャック、鷹の爪を大き目のボウルでよく混ぜる。油を加え乳化させる。レモン汁、ケッパー、パセリ、赤玉ねぎも加えて混ぜておく。

  2. マグロの3/4の量は角切りにしておく。残りはたたき、滑らかにしておく。1にくわえ、ドレッシングが絡むまでまぜる。塩コショウで味を調える。

Sardine fritte al beccafico (イワシマリネのフリット)



材料

  • 小~中サイズ 鰯 - 800gほど 頭を取り、腸を取り除く。中骨を抜いておく。

  • 赤ワインビネガー - 適量

  • イタリアンパセリ - 軽く一掴み

  • ニンニク - 2カケ

  • ペコリーノ - 卸して大匙4

  • 薄力粉 - 適量

  • 卵 - 2個

  • パン粉 - 100g

  • 揚げ油 - 適量

  • 塩コショウ - 適量

作り方

  1. イワシを下処理後、水気を拭いた後身を上にして開き、バットに並べる。塩コショウ、軽くビネガーを振りかけておく。

  2. パセリ、にんにくをみじん切りにしてペコリーノチーズと和えておく。

  3. イワシの半身に軽く2をまぶしていく。身を閉じたら軽く押さえ、薄力粉をまぶす。溶いた卵にくくらせパン粉をまぶす。

  4. 180℃の油で片面6-7分揚げ焼きする。レモンを絞って熱いうちにいただく。

  5. 揚焼の代わりに180℃のオーブンで30分ローストでもよい。

Aqua pazza e pasta (旬の魚のアクアパッツァ、〆のパスタ)


材料

  • EVオリーブオイル - 175ml

  • 魚フィレ又はホール - 合わせて500g

  • ニンニク - 4カケ

  • 鷹の爪 - 1こ

  • オリーブ - 80g

  • ケッパー - 25g

  • プチトマト - 20粒程度 半分に切る。

  • イタリアンパセリ - 大匙2みじん切り

  • バジル - 大匙2みじん切り 添えるように別量適量

  • 塩コショウ - 適量

  • 白ワイン - 200ml

  • パスタ - 200g

  • レモン汁 - 1個分


作り方

  1. 大き目な鍋でオリーブオイルを入れ、中火にかける。魚、にんにく、鷹の爪、オリーブ、ケッパー、パセリ、トマト、バジルと塩を加える。

  2. ワインを加える。半分の量まで煮詰まったら水200mlも加える。蓋をして火を若干弱める。

  3. 7分ほど煮込む。火が通ったら魚を取り出し、バットで休ませる。

  4. 別の鍋でパスタを表示通りにる。煮あがったら3のソースに加え、30秒ほど火にかけながら絡ませる。

  5. 4を盛り付け、魚を添える。レモン汁を全体にかける。バジルを添える。

Macedonia (マチェドニア(フルーツサラダ))



材料

  • 好みのフルーツ - 好きなだけ

  • グラニュー糖 - 適量

  • レモン汁 - 適量

  • オプション - スパークリングワイン

作り方

  1. 使用するフルーツを全て同じくらいのサイズに切る。大きめのボウルに入れる。

  2. フルーツの表面に薄くコーティングするくらいのグラニュー糖をふりかける。好みの酸味になるくらいのレモン汁を加えよく混ぜたらラップをして冷蔵庫で最低30分寝かす。

  3. キンキンに冷えたフルーツサラダを召し上がる。好みでスパークリングワインを加えるとエレガントなサングリア風サラダに。

0
  • Facebook
  • Instagram

© 2020 by CASA MIA Cooking Class & Deli Cafe